さいたま市の空き家の売却や活用のご相談はリロの売買レックス大興

ロゴマーク

空き家のご相談承ります

〜当店からのお手紙を受け取られたお客様へ〜 当店では『空き家』だと思った不動産を、全国の法務局で誰でも取得することができる
登記情報を調査して所有者様にご連絡しております。
現在所有している物件が空き家で管理や活用などのお悩みはぜひご相談ください。

空き家でお困り事はございませんか? 「空き家対策特別措置法」にて勧告を受けた空き家は「固定資産税の優遇」を受けられなくなりました。
つまり、適切な管理を行わずに放置すると倒壊などの危険性により
勧告通知を受ける可能性が高まり、デメリットやリスクが生じます。

リスク01

老朽化による倒壊リスク

空き家は築年数がかなり経過しているものが多く、放置によりさらに躯体は急速に痛み始めていきます。
そのため、台風や地震などで倒壊になるリスクが増加してしまい大変危険です。
また、倒壊により周辺の住宅に被害が出てしまうこともあり保障問題に発展する事にもなりかねません。

リスク02

火災・犯罪拠点になるなどのリスク

放置された空き家は誰も住んでいないことで犯罪集団の拠点に使われてしまうリスクや、住人がいないため放火をされる確率も高いです。特に外見が老朽していて放置されているような印象の建物は対象になりやすいです
空き家の放置によって事件に繋がるリスクは考える必要があります。

リスク03

害虫・動物の住処にされるリスク

空き家で放置していると、庭木や雑草が伸び続け、野生動物などが住み着いてしまい建物を傷めたり、糞尿により悪臭を発生させたりする場合があります。 ススメバチやムカデなどの有害な生物が住み着いた場合は、近隣の方にどれだけ迷惑をかけてしまうのが想像が容易いでしょう。

リスク04

資産価値の影響

じつは空き家があるだけでそのエリアの資産価値が下がると言われています。
空き家となったまま放置されたエリアを見て、
誰も良い印象を持たないはずです。
その空き家だけでなく周りの家への資産価値にも悪影響を及ぼしてしまうことを自覚しましょう。

リスク05

固定資産税を支払い続けるリスク

不動産を所有すると固定資産税を支払う義務が発生します。
固定資産税は、不動産が「住宅」である場合減免されますが、「特定空き家」であると認定されてしまった場合、特例が適用されず減免されなくなります。その場合に約6倍の納税義務を負う可能性もあります。
たとえ納税額が低くても空き家のために毎年税金を延々と支払うことは無駄な出費といえるでしょう。

当社営業がお客様ご希望の物件を探しています 当社ではさいたま市を中心に物件の購入希望のお客様からたくさんのご依頼を受けて不動産を探しています。
市場には複数物件が出ていますが、既存の物件ではご満足いただけない
お客様のために、営業スタッフが実際にお客様が不動産をお探しの地域で
1件1件足を使ってご希望の物件を探しています。

当社なら

所有者様主導で売却できます。

所有者様の不動産を査定させし、お客様へご紹介させていただく金額を決定します。
価格・引渡し条件・引渡し時期などは売主様主導で決定頂きます。
老朽した家屋、雨漏り・シロアリが発生していたとしても現状のまま売却でき、買主様に対する補償も不要です。
豊富な当社の売却実績

当社なら

もちろん、即金買取も可能です。

相続したけど、遠方に住んでいるから。。。
売却している事を近所に知られたくない。。
など、お客様のニーズに合わして買取りなどの売却提案も行っております。

当社の不動産売却について

当社なら

その空き家で賃貸経営もご提案

空き家を賃貸住宅として運用すると、入居者の方から家賃収入を得ることができます。住宅として貸し出す以外にもコインパーキング用地貸出や、看板設置等で初期費用も少なく収益が出せるご提案など活用の選択肢の広さは当社の強みです。
また、賃貸需要の多い地域なら空室リスクも低く、長期的な収益を見込んだ不動産投資が可能になります。(必要なリフォーム等も弊社で行えます。)
コインパーキング用地貸出しについて 看板設置で賃料収入について

売却依頼から成約までの経緯をご紹介

空き家のご相談実績をご紹介
〜 ご売却から活用まで当社の実績 〜

当社ではしつこい後追い営業や、他社へ情報を漏らすようなことは一切ございません。
まだ売却するつもりがなくても、将来売却をご検討の際には当社を思い出していただき、
ご連絡いただくことをお待ちしております。